スイマーバはいつから使える?事故を防ぐには

ベビー用品もいろいろありますが、「どうやって使うの?何に使うの?」と思ってしまう、目新しいものには興味がわきますよね。

おそらく「スイマーバ」もそんなベビー用品のひとつ、名前を聞いてもイメージが浮かばないかもしれませんよね。

今回は、まだあまりなじみのない「スイマーバ」について、詳しくご紹介していきます。

目次

スイマーバとは

スイマーバとは、イギリスで開発された浮き輪型のスポーツ知育用具、赤ちゃんが使う浮き輪です。

スイマーバを知らなくても、赤ちゃんがお風呂などで使っている浮き輪なら、見たことがあるという人もいるのではないでしょうか。。

もともとは、生まれて初めてのエクササイズを目的として作られてものですが、日本では赤ちゃんをお風呂に入れる時に利用することが多いようです。

0歳児はまだママのおなかにいた時の記憶を忘れていないといわれていますが、その時期にスイマーバを使用すれば水への抵抗感や恐怖感を拭いさることができ、バランス感覚を養い心身が刺激され好奇心を促すといいます。

スイマーバには様々な種類があり、赤ちゃんの成長や目的に合わせて選ぶことができます。

▪首リング(レギュラー、プチ)
生後18か月、かつ体重が11㎏までの赤ちゃん専用です。

▪ボディリング(ベビー、キッズ)
胴回りにフィットする赤ちゃん浮き輪です。

▪マカロンバス
お風呂、沐浴、水遊びに使えるベビーバスです。

▪プールバス
スイマーバ浮き輪専用のプールバスです。

スイマーバはいつから使える?

スイマーバは、首リングなら生後1ヶ月を過ぎれば使用できるといわれていますが、浮き輪の上側にあごが乗らない状態なら使用するのはもうちょっと待ちましょう。

生後1ヶ月くらいといえば、まだ首が座っていませんし、不安があるなら首が座ってから使用してみてください。

首リングにはレギュラーサイズとプチサイズがあるので、レギュラーサイズではあごが乗らない、標準よりも小さい赤ちゃんならプチサイズを選びましょう。

首リングは首に巻いて使用するので、首がしまらないかと心配になるかもしれませんが、浮き輪はあごの下部分と行動部を中心に支えて浮かぶので、首周りにはゆとりがありますから大丈夫です。

また、ボディリングなら、ベビーサイズは生後6ヶ月~2歳頃まで、キッズサイズなら2歳~4歳頃まで使用できますが、月齢・年齢に関わらず目安となる胸囲と体重を確認してから使用するようにしましょう。

スイマーバのメリット

スイマーバのメリットについて見ていきましょう。

ワンオペ育児でもお風呂に入れる

ママが一人で育児を行う、いわゆる「ワンオペ」ならお風呂に入れるのも大変です。

ベビーバスを使用している期間は何とかなっても、ママと赤ちゃんが一緒にお風呂に入ることになったら、赤ちゃんに付きっきりで目を離すことができず、ママは自分の体や髪を洗うこともできなくなってしまいます。

そんな時、スイマーバが大活躍!スイマーバをつけた赤ちゃんは一人で湯船に浮かんで遊んでくれますから、ママもゆっくりと体や髪を洗うことができます。

最初はびっくりして戸惑う赤ちゃんもいるようですが、安全なものだと分かるとご機嫌になり、一人で遊んでくれるようになるそうです。

全身運動になる

赤ちゃんは眠いくせにすんなりと眠ってくれない、ぐずって何時間もママを困らせることもあります。

そんな赤ちゃんは、もしかしたら疲れていないから上手に寝つけないのかもしれません。

大人でも、一日中ゴロゴロしていた休日など、疲れていないから夜はなかなか眠れないということもありますよね。

赤ちゃんも同じ、ほどよく疲れることができれば、寝つきが良くなるしぐっすりと眠ってくれます。

スイマーバを使用し全身運動を行った赤ちゃんなら、ほどよく疲れることができぐっすりと眠ってくれると思います。

また、赤ちゃんは意外と便秘することもありますが、それはあまり体を動かす機会がないのが原因であることが多いです。生後3ヶ月頃までの赤ちゃんは、寝かせておくことがほとんど、これは仕方がないことかもしれません。

全身運動することでお通じが良くなる効果も期待できますから、赤ちゃんが便秘気味ならぜひスイマーバを試してみてください。

スイマーバは危険?事故にならないために

スイマーバは危険、そんな噂もあるようですね。残念ですが、実際に事故が起きニュースにもなったことがありました。

でも、製品の取扱説明書には使用方法を守って安全に使ってくださいと書かれていますから、それに従って正しく使えば事故は防げるはずです。

事故にならないために、次の点に注意してください。

赤ちゃんの機嫌がいいときに使用する

スイマーバは赤ちゃんが水に親しむことを目的とした、プレスイミングを楽しむためのアイテムです。

赤ちゃんの機嫌が悪くスイマーバを嫌がるようなら、楽しむどころではないはずですから無理強いしてはいけません。

機嫌が悪いのにスイマーバを装着させれば、赤ちゃんはストレスを感じ、その後はスイマーバを見せただけで泣き出したり、強く拒否する可能性もあります。

赤ちゃんが始めてスイマーバを使うときは、戸惑ったり緊張したりすることがありますが、そういう時も赤ちゃんの様子を確認しながら、無理せず少しずつ慣れるようにしてあげてください。

慣れてくれば、赤ちゃんも楽しんでくれるようになりますよ!

きちんと装着されているかを確認する

これは必ず守らなければならないこと、最も重要なポイントです。

首リングの場合は、リングを両手で広げ赤ちゃんのあごの下部分から優しくつけます。そして首の後ろで上下の各ベルトを確実に留めます。

スイマーバと赤ちゃんの間に、指2本分のゆとりが必要なので確認してください。

装着は必ず水に入る前に、試着してサイズや位置をしっかりと確認した上で使用しましょう。

穴が開いていないか(空気漏れがないか)を確認する

スイマーバを使用する前に、空気が十分入っているか、空気漏れはないかを確認するようにします。

正しく空気を入れた状態は、パンパンではなく外周に少しシワが残るくらいです。

空気が入っていることを確認したら、水の中に60秒間沈めてみて、空気漏れ・穴が開いていないかをチェックしてみてください。

赤ちゃんから絶対に目を離さない

スイマーバを装着すれば、小さな赤ちゃんも一人でプカプカ浮いてくれるのですが、この時も絶対に目を離さないようにしてください。

ママとの入浴でも便利に使えるスイマーバですが、洗髪中などでも赤ちゃんを確認しながら、何かあってもすぐに手を差し伸べることができるようにしましょう。

スイマーバを装着した赤ちゃんを一人にして家事などしないこと、スマホに夢中になるなど他のことに気をとられないこと、これは必ず守ってください。

スイマーバは救命胴衣ではないですし、溺れることを防止してくれるアイテムではありません。

6ヶ月以降は「ボディリング」も使える

生後6ヶ月以降なら、首リングだけでなくボディリングも使うことができます。

ボディリングは胴回りにフィットする浮き輪で、ベビー用なら6ヶ月~2歳頃まで、キッズ用なら2歳~4歳くらいまでの使用が目安です。

生後6ヶ月~2歳頃までは、寝返りやおすわり、ハイハイができるようになり、ついには歩けるようになるなど、目まぐるしく成長する時期に当たります。

この時期に水に浮かんで遊ぶことで、バランス感覚を養うことができますし、浮力に支えられながら全身運動も行うことができます。

また、ボディリングは腕で水をかきやすいのでスイミング練習の第一歩になり、お風呂で使用するだけでなくプールでも使うことができます。

まとめ 

スイマーバは日本で入浴中に利用されることが多く、ワンオペ育児の強い味方にもなっているようです。

初めての子育てで奮闘するママも助かるし、赤ちゃんもご機嫌で、入浴時に使用するだけでなく様々なメリットも多い便利なアイテムです。

でも、スイマーバは赤ちゃんが一人で遊ぶものではなく、一人で待たせておくためのアイテムでもありませんから、使用中は絶対に目を離さないでください!

事故を防ぐために使用方法はきちんと守り、安全に利用してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる