破れたお札はどうすればいい?交換できる場所は?

お財布にしまおうとしたお札がはみ出していて、ファスナーが引っ掛かり破けてしまったり、受け取ったお札がボロボロで扱っていたら裂けてしまった、こんな時はどうしたらよいのでしょうか。

買い物などでそのまま使うのは気が引けるし、そもそも破れてしまったお札を使ってもいいのか、迷ってしまうかもしれません。

破れたお札はどうするべきなのか?解説していきます。

目次

破れたお札はそのまま使える?

破れたお札はそのまま使ってもいいのか、答えは「絶対ダメではないけれど、場合によっては使えない」となります。

お札が破れたといっても、どの程度の破れ方なのか、破損の程度によって使っても大丈夫なこともあるし、無理だということもあるのです。

使える場合と使えない場合、それぞれの例について説明していきましょう。

使える場合

お札の端が数ミリ程度破れている程度で、ホログラムや模様など偽造防止のために印刷された部分に破損がない場合

使えない場合

完全に破れ、真っ二つになっているような場合や、破れたパーツが欠損して手元にない場合

数ミリ程度ではなく、もうちょっと多く破れている場合でも、顔見知りの店員さんや事情を話して了承してくれたお店なら、使用することが可能な場合もあるでしょう。

しかし、破れ方がひどければ、もちろん拒否されることもあるので注意してください。

破れてしまったけれど、つなげれば完全な一枚のお札になるからと、セロテープなどで補修して使おうとする人もいるかもしれません。

実際に、そんなお札が手元に回ってきた、という人もいると思います。

しかし、この方法でお札を使おうとすると、自販機やセルフレジでは使用できない可能性があり、機械のトラブルを招く可能性もあるので使用することはおすすめできません。

少々破れてしまったお札でも、自販機やセルフレジ、ATMなどで使用することで、破れた部分が引っ掛かるなどのトラブルが起こる可能性がありますから、結局のところ破れたお札はそのまま使用しない方が無難、交換してもらうのがおすすめになります。

破れたお札を交換するには

お札が破れたら速やかに交換するのがおすすめ、でもどこで交換すればいいのでしょうか?交換できる場所、お札の条件など詳しくご紹介します。

交換できる場所

破れたお札は、金融機関で交換してもらうことができます。普段利用している最寄りの銀行などでも、交換してもらうことは可能ですが、お札の状態によっては難しいこともあります。

真っ二つに裂けてしまったけれど、ちゃんとお札一枚分のパーツが揃っている場合など、お札の状態がそれほど悪くなく、なおかつ偽造ではなく本物のお札だと確認できるなら、交換してもらえることが多いです。

どの程度なら交換してくれるのか、その金融機関によっても異なると思いますから、窓口に相談してみることをおすすめします。

お札の一部がなくなってしまうなど状態が悪いお札なら、最寄りの金融機関ではなく日本銀行の本支店、発券課まで破れたお札を持ち込んで交換してもらいましょう。

日本銀行の本店は東京都中央区にありますが、お金の交換業務を行っている支店は全国に約30か所あります。

注意したいのは、破れたお札を交換してもらう場合、いきなり日本銀行に行っても受付けてもらえない可能性があるということです。事前に連絡し、お札の交換を希望していること、来店日や時間などについて予約する必要があります。

日本銀行以外の金融機関でも、事前予約が必要になることがあるかもしれませんから、いきなり交換をお願いするのではなく、問い合わせてあらかじめ予約をとるなどしてください。

日本銀行の本店、支店のいずれも遠くて行けないなら、郵送で交換を依頼したいと考えるかもしれませんが、交換するにはお札の状態を双方で確認しなければならないので、郵送での交換はできません。

また、郵便局・ゆうちょ銀行も金融機関ですが、両替対応を行っていないため破れたお札の交換を依頼することもできません。

交換できるお札の条件

どんな状態のお札でも交換できるわけではありません。交換できるお札の条件について見ていきましょう。

額面残額を受け取ることができる条件

・破れていても欠損しているパーツがなく、元のお札の状態が確認できる場合
・お札の一部が破れて欠損しているが、元のお札の3分の2以上が確認できる場合

額面半額を受け取ることができる条件

・お札の一部が破れて欠損しており、残った部分の面積が5分の2以上、3分の2未満の場合

もしお札の残った部分の面積が、5分の2以下なら、交換してもらうことはできません。これは、この程度しか残っていないのに交換してしまうと、悪用される可能性があるからです。

もし5分の2以下でも交換可能なら、無傷のお札をわざと破いて別々の金融機関で交換することで、額面以上のお札を手に入れることができてしまいます。

お札を交換する際の不正を防ぐために、このような交換に関する条件が設けられているわけです。

また、破けてしまったパーツが細かすぎる場合、例えば誤ってシュレッダーに掛けてしまったなど、元のお札の状態を確認することは難しいですよね。

これはもう絶対に無理だと諦めてしまうかもしれませんが、パズルのように根気よく並べて(はがせるタイプの両面テープの上で並べると便利)仮止めし、交換可能な面積分を集めることができれば、交換に応じてくれる可能性があります。

もちろん、シュレッダーに掛けたくらいに細かい破れ方ではなく、大きめにバラバラになった時も、バラバラのまま金融機関に持ち込むのではなく、可能な限り元のお札に近い状態にしましょう。

そうすることで、金融機関の検証もより短時間で済むことになります。

このように、欠損範囲が大きかったり全体がバラバラになるなど、状態が悪いお札の場合は最寄りの銀行では交換できませんから、日本銀行の本支店に持ち込むことになりますね。

交換する際に必要なもの

破れたお札を交換する際に必要なものは、もちろん交換してもらいたい破れたお札と、その他に以下のようなものがあります。

▪運転免許証など、依頼人の本人確認ができるもの(日本銀行の場合)
▪場合によっては振込先口座の情報(民間の金融機関の場合)

日本銀行で交換を依頼する場合は、日本銀行のホームページに記載されているように、依頼人の本人確認のため運転免許証などの提示と、お札が損傷してしまった経緯なども説明することが必要です。

民間の金融機関の場合は、破損の程度が軽ければその場で交換してくれることも多いのですが、そうではない場合は対応に時間がかかることもあり、振込先の口座情報が必要になることがあります。

二度手間にならないように、予約を取るための事前連絡の際に、何が必要かということも確認しておくようにしましょう。

手数料はかかる?

破れたお札を交換する際の、手数料は無料です。

一度に交換可能な枚数も決められてはいませんが、破損の状態によっては対応に手間にも時間もかかってしまうため、枚数が多ければ対応が難しかったり、時間がかかる可能性もあります。

事前連絡する際には枚数についても伝え、対応可能か確認しておくことも大切ですね。

【番外編】火災などで溶けてしまった硬貨は交換できる?

火災などで溶けてしまった効果の場合は、変形していても模様が認識できれば交換することは可能です。

ただし、重さによって受け取れる金額は変わってきます。

一般的な硬貨の場合は、重さが元の重さの2分の1を超えていれば全額で交換、それ以下の重さしかないのであれば交換することはできません。

また、一般的な硬貨ではなく素材が金できている「金貨」なら、元の重さの98%以上なければ交換することができません。

まとめ

破れたお札は破損状態によりますが、額面全額、あるいは半額で交換してもらうことができます。

交換は日本銀行の本支店以外にも、民間の金融機関でも受け付けてくれますが、お札の破損状況によっては民間の金融機関で交換してもらえない、あるいは時間がかかる場合もあります。

交換してもらうには、日本銀行の本支店、民間の金融機関いずれの場合も、事前に連絡し予約を取った上で持ち込むようにしましょう。

もし今にも破れそうなお札が手元にあるのなら、破れないうちに金融機関で交換してもらうことをおすすめします。

まだ破れていないのですから、破れてから交換するよりも手間も時間もかかりませんよ。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる